25 Dec場合によっては銀行カードローンが一番得する

消費者金融と銀行のどちらが合っているのか迷う方はとても多くいらっしゃいます。お金をどこで借りるかというのは今後の生活に大いに影響しますので、納得出来るまで悩みたいところです。

そこで今回は今おすすめの銀行カードローンを「どのような時に選ぶべきか」ご紹介致します。借りる際に自分が置かれている状況によっては消費者金融より銀行カードローンの方が良い時があるのです。


最短即日の銀行カードローンもある

実際口コミなどを見てみると、消費者金融の場合は最短即日で融資をしてくれるから選んだという声が多数見受けられます。今すぐお金が欲しいという方はそちらを選びますね。しかし銀行カードローンでも今は最短即日で借り入れ可能なところもあります。今までは銀行というと担保が必要であるカードローンが多く、それによって審査の時間もかかるという状態でした。しかし最短即日に対する需要が高かった為、銀行も最短即日での融資を可能にしたのです。
これによって今すぐお金が欲しいという方でも銀行カードローンを選ぶことが出来るようになりました。


年収に囚われない堅実で安心の銀行

銀行カードローンを選ぶ環境として最もおすすめの状態が、自分の年収で限度額を決めたくないという時です。銀行は総量規制という制度には当てはまらず、自分の年収に合わせた限度額を設定しなくて済むのです。

総量規制とは自分の年収の三分の一までしか借り入れを許さないという制度で、もともとは返済で苦しむ人を無くすために設けられたものです。しかしこの制度を全ての金融機関に適用してしまうと、住宅や車などの高額な商品を買うために必要な金額を借りることが出来なくなってしまうのです。そこで銀行だけを総量規制対象外にすることにより、年収による線引きをされずに高額商品をローンで購入出来るようにしたのです。

銀行カードローンは消費者金融と違い年利も低めに設定されており、長くお金を返済していく場合にはとてもうってつけです。年利が高いと借りたお金に付与される利息金額が高くなり、返済期間が長ければそれに比例して更に利息金額が高くなります。これでは借りたお金を返すどころか利息だけを払い続ける生活になってしまいます。


銀行カードローンは低い金額の融資も受けることが出来、1万円から借り入れすることが出来ます。次のお給料日まで手持ちのお金がもつかわからないという方でも、最短即日での融資を受けすぐにお金を補充することが可能です。

今すぐ低金利で短くも長くも適している銀行カードローンは、消費者金融には負けない程のサービスと安心を提供してくれているのです。自分の置かれている状況で悩んでいる方は、是非一度銀行の窓口でカードローンの相談をしてみて下さい。

Comments are closed.