28 Augキャッシュカード一体型の銀行カードローン

銀行カードローンにはカードローン単独のものと、キャッシュカード一体型のものがあります。同様に基本的には無担保保証人不要で用途を問わない類のものです。「何が違うのか」ということになれば、貸付限度額や保証会社、金利などに違いが見つけられますが、「自動貸し付け機能の有無」も大きなものとなります。自動貸し付け機能は大変便利なもので、カードローンに対して否定的な考え方の人も、この機能だけは便利だとして付帯させていることもあります。どのような機能なのでしょうか。


<銀行カードローンの自動貸し付け機能とは>

「今日引き落としだった!」と、急いで入金したという経験がある人も多いのではないでしょうか。残高不足で引き落としができなかったこともあるかもしれません。そういったときに自動貸し付け機能が付いていれば、その貸付限度枠の範囲内で自動的に貸付を行って引き落としを行ってくれるのです。返済は入金時に随時返済に当ててくれます。引き落としができなくて後からびっくりといったことも起きません。貸付限度枠は通常の銀行カードローンよりは小さいケースが多いのですが、キャッシュカードを利用した途端に「申し込みますか」とガイダンスが出て付帯できるような銀行カードローンはこのような商品です。

Comments are closed.